パンテオン /12 ⍟
第6章 海水の王
過去2秒間にスタンしたかもしくはスタンする威力のヒットをブロックしていればスタンを受けることがない
挑戦者、プルナを捕獲しろ 環礁のマップ
スタンおよびブロック復帰が30%増加する
海の獅子、ナサールを捕獲しろ 岩礁のマップ
100%の確率で凍結を無効化する
歪みし者、サムターを捕獲しろ 河口のマップ
プレイヤー自身に対する冷却の効果が50%減少する
第7章 蜘蛛の母
受ける継続ダメージが10%減少する
切断者、マリガロを捕獲しろ 根に覆われた神殿のマップ
直近プレイヤーが継続ダメージを受け終わっていればライフとエナジーシールドの回復レートが20%増加する
ウィドウ、アルマラを捕獲しろ 水没都市のマップ
プレイヤーに対するデバフは20%速く消える
原始の者を捕獲しろ 密林のマップ
継続ダメージに対する混沌耐性 +40%
第8章 皆既日食
近くに敵が1体だけいる時に6%の物理ダメージ軽減率追加
20%の確率でヒットから受ける範囲ダメージが50%低下する
林立する炎を捕獲しろ 火山のマップ
直近ヒットを受けていなければ受ける元素ダメージが8%減少する
灰の矢の王を捕獲しろ 灰の森のマップ
直近クリティカルストライクを受けていればクリティカルストライクから追加のダメージを受けない
天空の端、ジョラスを捕獲しろ 寺院のマップ
50%の確率でクリティカルストライクから受ける状態異常を無効化する
第8章 皆既月食
近くの敵1体ごとに移動スピードが1%、最大8%増加する
近くの敵1体ごとに1%、最大8%の物理ダメージ軽減率追加
三日月の先端、セバートを捕獲しろ 月の寺院のマップ
10%の確率で投射物を無効化する
呪われしクレーボーン船長を捕獲しろ 凍結した船室のマップ
直近ヒットを受けていれば受ける元素ダメージが6%減少する
落ちてきた者を捕獲しろ 地下河川のマップ
連鎖した投射物を無効化する
第6章 裂けし者
受ける発火の持続時間が60%低下する
窯を守る者、レンカーを捕獲しろ サイロのマップ
燃焼領域の上にいる時に移動スピードが10%増加する
燃焼領域の効果を受けない
第7章 絶望の女王
直近プレイヤーが受けたヒット1回ごとに1%、最大5%の物理ダメージ軽減率追加
光の災い、エレビックスを捕獲しろ 墓地のマップ
直近アタックでプレイヤーをヒットした敵のアタックスピードが8%減少する
第8章 恐怖の影
50%の確率で呪術を反射する
プレイヤーおよびミニオンが受ける反射ダメージが50%減少する
サーラズザングを捕獲しろ 庭園のマップ
プレイヤーに対する呪いの効果が30%減少する
第9章 砂漠の女王
プレイヤーに毒が3スタック以上付与されていれば毒を付与されることがない
受ける毒の持続時間が50%低下する
終わりなき漂流の恐怖を捕獲しろ 砂漠の泉のマップ
受ける混沌ダメージが5%減少する
腐食領域の上にいる時に受ける混沌継続ダメージが25%減少する
第6章 戦争の父
静止していれば1秒ごとに物理ダメージ軽減率が3%、最大9%追加される
戦争屋、ターシンを捕獲しろ 包囲された街のマップ
静止中は毎秒ライフの2%を自動回復する
第7章 無数の顔の支配者
プレイヤーは出血中に移動しても追加のダメージを受けない
移動中は受ける物理継続ダメージが25%減少する
頂きの狩人、ドレクを捕獲しろ 農地のマップ
プレイヤーに穢れた血のデバフが最低5スタックあれば穢れた血がプレイヤーに付与されることがない
第9章 ハイゲートの統治者
プレイヤーに対する感電の効果が60%減少する
旱魃に苦しむロアを捕獲しろ 枯れた湖のマップ
盲目になることがない
重傷を受けることがない
第6章 傀儡の女主人
直近ライフフラスコを使用していなければ3秒ごとにライフフラスコのチャージを3獲得する
低ライフ時にフラスコによるライフ回復量が60%増加する
マーゲス・ボグソングを捕獲しろ 淀みのマップ
直近プレイヤーがヒットを与えた敵のライフ自動回復レートが50%減少する
パンテオン ヘルプパネル

パンテオン ヘルプパネル

パンテオン

パンテオンは、待ち受ける危険に備えて、自分のキャラクターを選択的に強化することができます。第2部で上級神や下級神のいずれかを倒すことで、その神のパンテオンの力を手に入れることができます。 パンテオンの力は、上級神、下級神それぞれ1つずつ有効になります。それぞれのパンテオンの力は、キャラクターの生存能力の限られた部分を強化するだけなので、近々直面する可能性のある状況を慎重に検討して、最も役立つパンテオンを選択してください。 街または隠れ家でのみでしかパンテオンを切り替えることができませんが、コストはかかりません。

パンテオンを強化する

後半になると、パンテオンの力をアップグレードし、保護の範囲を広げることができます。そのためには神の器を入手しマップデバイスに入れ、パンテオンに表示されているマップボスのいずれかを含むマップを開く必要があります。

マップのボスを倒すと、満たされた神の器がマップデバイスの中で作成されます。

Community Wiki

Edit

The Pantheon

The Pantheon is a system of divine powers that players can activate to grant various defensive passive buffs, introduced in the The Fall of Oriath expansion. These powers grant defensive bonuses and become available when players defeat certain gods in Acts 6 through 10.

There are twelve gods that each grant a power; four major gods and eight minor gods. A player can only have one major and one minor power activated at a time. The bonuses can be freely swapped with no extra cost, as long as the player is in a town or hideout.

Upgrading a god's power requires consuming a Divine Vessel and any map, with a boss that can upgrade a pantheon power. Once this is done players will simultaneously get the baseline god buff as well as the secondary buff(s).

Upgrading

Every major and minor god can be upgraded. All Major gods have 3 upgrades and Minor gods have 1 upgrade. This means, in total, you can get up to 4 simultaneous buffs from a Major god, and 2 simultaneous buffs from a Minor god.

In order to upgrade a major or minor god power, players need to:

  1. First look at the chart below to determine which map needs to be used (for example Pier Map for the first upgrade to Soul of Lunaris)
  2. Then acquire the map and add it into your Map Device at your hideout (It can be purchased from other players using the Trade Site)
  3. Also add a Divine Vessel into the map device (it can be bought from other players)
  4. Run the map and kill the boss (if it is difficult, you can have a friend in the same party kill the boss, but you must be present in the map for the capturing to work)
  5. Check your map device, you should have acquired the Captured Soul of a god (item that looks like a blue bottle)
  6. Take the Captured Soul item to Sin (he can be found in Oriath or in Lioneye's Watch)
  7. View your Pantheon and roll over the God you are trying to upgrade; the upgraded God Power should now be active

Wikis Content is available under CC BY-NC-SA 3.0 unless otherwise noted.